秋の香りのセージバター

涼しい。空が深い。セージが食べたい。
…あれ?急にどうしてかな。
セージだったらしょっちゅう使っているし、
夏場はずっとバジルやローズマリーがメインだったのに。
ああ、そうか。風が涼しくなったから、
暑いあいだは食べなかったバターが、ふっと食べたくなったのです。

トマトの盛りが終わったので、バジルももう脇役に下がってもらって、
秋の一夜はセージバターの一品で。

[セージバター]
バターを鍋にいれて火にかけて溶かし、
セージの葉をいれて一瞬火を 通します。
少量のときは電子レンジがお手軽。
セージは香りが強いので、慣れない人はほんの少量、
葉っぱのきれっぱしをバターにいれて火を通して味見して下さい。
それでも「変なあじ」と思ったら、
過熱時間を長くすると香りは飛びます。

これを何度かやっていると次からだんだんセージの量が増え、
「病みつき」になっていくのです。

ふふふ。

ほくほくのお野菜にからめてつけあわせに。(ナルシア / 2001)
[PR]
by wintersavory | 2005-09-04 19:56 |
<< 空のうえから。 とどけもの。 >>