美術ミステリ

『偽りの名画』 著:アーロン・エルキンズ / 訳:秋津知子 / ミステリアス・プレス

7月にサザビーズで、ルーベンスの宗教画が世界史上3位の
落札価格を記録しました。
ルーベンス?それって「何パーセントのルーベンス?」(笑)
現実に起きた事件の迫力にはどうしても負けてしまいますが、
贋作美術品を巡るミステリは、他の犯罪ものにはない軽みと
華麗さがあって人気があります。
『偽りの名画』 は人気シリーズ「スケルトン探偵」の作者アーロン・
エルキンズによる、美術館キュレーターが主人公の美術ミステリ。


… コレクションの中の贋作を探せ …

え、このティツィアーノ?それともこっちのルーベンス?
いやいや絶対このフェルメール!でもその証拠は?
定評のある軽妙な語りはこちらも冴えていて、クラナッハの描く
ような美女を見た途端、巨匠に対する評価が跳ね上がる場面など
大笑い。
確かにねー、絵で見るとどこが良いのかわからない体型ですよね。
味のある脇役、丁寧な専門知識、もれなくついてるサスペンス、
フィレンツェやベルヒテスガーデンへの楽しい観光とさりげなくて
美味しい食事などなど、ディープじゃないけど感じの良いサービスも満点。


ところで、主人公が贋作調査のためにロンドンの図書館のファイルを
総ざらいする場面があるんですが、
これって『クローディアの秘密』で11歳のクローディアがやったの
と同じですね。(ナルシア)
[PR]
by wintersavory | 2005-11-06 23:04 | 本*
<< コーリング・LONDON 本のなかの、あのお店。(4) >>