ミステリでクリスマス

テロは怖いし混むのも嫌だしお金もない、
年末年始どこにも出かけたくない皆様。
しんしんと冷え込む表とは別世界の
暖かいお部屋で部屋着を着て紅茶かウィスキー、
お馴染みキャラの活躍するミステリを手に
ぬくぬくと過ごしましょうか。

現代英国本格ミステリを担うシリーズ名探偵達は
どういう訳かデブで下品で横柄で
協調性皆無で人使いの荒いという
上司には絶対持ちたくない典型的オヤジ警官ばっかりです。
唯一女性作家(P・D・ジェイムズ)描く
ダルグリッシュ警視だけがドリーム入ってる?
英国男性ミステリ作家ってみんな
スリムで上品で優しいハンサムに
怨みでもあるのでしょうか。

しかしまあこのオヤジ達、皆
ユーモア精神にあふれていて
秘かに人情に厚く、自分なりに仕事熱心で
なによりみかけによらず頭が切れる。
そういえばアメリカの刑事と違って
彼らは銃を持ってないんですよね。
組織にも頼らない質だから
狡猾な犯人と渡り合うには
自分の頭脳一つが頼りです。

主人公の個性はもとより、いずれのシリーズも
不可思議な事件の謎や舞台となる街のそれぞれの趣きが
文学的にも観光的にも楽しめます。
では、英国が誇る四人の『オヤジ刑事』を御紹介しましょう。


[ 主人公名 / 役職 / 所属 / 舞台 / 相棒 / *作者名 / 出版社 ]

□ E・モース / 主任警部 / テムズ・バレイ警察 /
オックスフォード / ルイス部長刑事 /
*コリン・デクスター / ハヤカワ文庫

□ ピーター・ダイヤモンド / 警視 / エイヴォン・アンド・
サマセット警察 / バース / ジュリー・ハーグリーヴズ警部 /
*ピーター・ラヴゼイ / ハヤカワ文庫

□ アンドルー・ダルジール / 警視 / 中部ヨークシャー警察 /
ピーター・パスコー警部 /
*レジナルド・ヒル / ハヤカワ文庫

□ ジャック・フロスト / 警部 / デントン警察 / --- /
*R・D・ウィングフィールド / 創元推理文庫

(ナルシア/2001)
[PR]
# by wintersavory | 2005-12-17 10:36 | 本*