『ピエタ -pieta-』

* 愛や恋だけではなくて・・・。

ぱっとしない気分の時、
“明るく甘いHappyEnd”を求めてマンガを買うことがあります。
あるいは、夜更かしの友である「ミステリ」に、
気に入ったものが見当たらない時。
いい大人がマンガを買うのも、
どうかと思う人もいるでしょうが。
私は恥ずかしいとは思わないのですが、
非常につまらない物を買ってしまった時、
とても哀しく、落ち込んでしまうことはあります。
時間とお金の無駄遣いだと。
なのに、いろいろな空白をお手軽に埋めようとして、
ついつい、衝動買いをしてしまうのです。

「ピエタ」は、買うまでに随分と迷いました。
「あたり」か「はずれ」かというシンプルなものさしで測れば、
多分、「あたり」だということはわかっていたのですが。
ただ、慢性的な精神疲労に効きそうな
“明るく甘いHappyEnd”ではなさそうで。

愛とか恋とかの話ではなく、
心に痛みを抱える少女たちの癒しの物語。
淡々と描かれる悲しみや苦しみ、再生への鼓動。
透明で脆い、少女の時間。

今ではもう、遠い彼方に見え隠れしている少女時代の、
切なさを思い出します。
誰とも分かち合えないと思った悲しみ。
とても小さく思えた自分の存在。
そんな少女も、たくましく成長して、
今は、マンガの中の少女たちに、
「気持ちはわかるけど、それでいいの?」と
少女たちの幸福に現実的な「?」を
投げかけたりしているのです。

そして、
マンガの中の彼女たちのその後を
ぜひ知りたいと思うのです。(シィアル)


『ピエタ -pieta-』
著者:榛野なな恵
出版社:集英社(ヤングユー・コミックス)
[PR]
by wintersavory | 2005-11-09 22:20 | 本*
<< バー・オブ・バー 本を探して >>